トップ 家具屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

家具屋ナビ風水と住まい > 風水から見た良い間取り・部屋の位置関係

風水から見た良い間取り・部屋の位置関係

スポンサードリンク

風水から見た良い間取り・部屋の位置関係の画像

家の間取りを決めるとき、風水を参考にして良い運気を呼び込む間取りにしたいものですよね。それとは対照的になるべく避けたい間取りもあります。それらを知っておくと、建築や賃貸の際に参考になることでしょう。風水で大切な気の流れの良い間取りである快適な住空間を手に入れましょう。風水では四方位が重要な鍵を握っています。まずは方位別で良い間取りをご説明しましょう。

東方位は、朝日が昇る方位であることから、家の象徴とも言える玄関、キッチンや浴室、トイレがいいとされています。風水では東方位は吉方位とされています。勢いづき栄える・望みが叶うと言われる方角であります。子供部屋にも良いとされています。西方位は、ご存知金運アップになり、家の経済に影響がありるとされる方位であります。「西日」という言葉から、強い日差しが入ってくるのを連想するためか、リビングが西にある場合、吉方位とされます。それ以外にも、寝室が西にあるのは良いとされています。西方位にトイレやお風呂などの水場がある場合は気をつけましょう。散財したり、リストラされたりする可能性があります。

南方位は、太陽が燦燦と降り注ぐ方位であることから、精神的な力が充満する場所とされています。そのため、ゆっくりとくつろげる場所・家族の癒しの場として、南方位にはリビングが吉方位とされています。また、玄関も吉方位とされています。逆に、『火』を意味する南方位に寝室があると、安眠できず常にイライラし落ち着かなくなるといわれています。北方位は、陽が射さないということから、寒いイメージがありますが、寝室が北にある場合、吉方位とされています。社交性や夫婦関係に良いとされている方角で、夫婦の寝室があると良く、経済的な安定にも恵まれると言われています。しかし、北方位の玄関は、風水ではあまり歓迎されていません。

このように風水には吉方位とされる間取りがあります。健康運・愛情運・仕事運・金運など、私達のさまざまな運気を向上させる作用が風水にはあるのです。しかし、いくら運気を向上させたいからといって、吉方位と間取りを重視したくても、ベストな間取りの家が見つかるとは限りません。まずは、その家を大切にし、常に片付けとお掃除を心がけ、心地よい気(風)を取り込み、気持ちの良い暮らしが出来るようにするだけでも、グッと運気は向上し、おのずと幸福へと導かれていくことでしょう。

スポンサードリンク
家具屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。